田七人参を知っていますか?

人参といえば高麗人参、不老長寿薬の代表みたいなものです。 お茶やサプリメントのほかに、今や高麗人参は化粧品にも取り入れられていますね。

高麗人参はビタミンやミネラル、アミノ酸のほか、サポニンを豊富に含むことが特徴で、このサポニンの作用で全身の新陳代謝を活性化してくれます。

このため、疲労回復や滋養強壮、免疫力強化、肝機能の改善、血糖値の低下などの薬効で古くから人気があるのですね。

また、血流促進作用で血液や血管系疾患の予防・改善、女性に多い貧血や低血圧にも効果的ですし、ホルモンや自律神経調整作用で更年期障害にも功を奏します。

さて、日本人にはあまり馴染みがないようですが、人参にはもう一つ、田七人参があります。

高麗人参と同じウコギ科植物で、成分、薬効ともに似ていますが、田七人参のほうがサポニン含有量が7倍も多く、抗ガン作用の有機ゲルマニウムを含むなど、より優れた薬効があるようです。

特に微量成分のパナキサトリオールは、糖質を効率的にエネルギー化し、基礎代謝を高める働きに優れているといいます。

このパナキサトリオールを独自技術で凝縮した、代謝サポートサプリが登場し、無料モニターを募集しています。 ご飯大好きのダイエッターには、見逃せないチャンスですね。

関連エントリー
サイトマップ