グッスリ眠ってはつらつと

疲れているのに寝つきが悪い、夜中にたびたび目覚めてしまう、朝スッキリ起きられない、そんな問題を抱えている人は意外に多いようです。

睡眠に関する悩みには、現代の生活スタイルが大いに影響しているといわれています。

私たちの脳内では、覚醒ホルモンのセロトニンと睡眠ホルモンのメラトニンが交代で分泌されており、セロトニンがしっかり出ると、次にメラトニンもたっぷり分泌されるのですね。

規則正しい生活しているとセロトニンとメラトニンの交代がうまくいき、朝はスッキリ目覚めて日中活動的になり、夜はグッスリ眠れるというわけです。

それが現代はどうでしょう、昼と夜が逆転した不規則な生活、偏った食生活、運動不足など、これではホルモンの分泌リズムが狂ってしまうのも無理はありません。

また、セロトニンを作るにはトリプトファンというアミノ酸とビタミンB6が必要ですが、これらは体内では作られない物質なので食事で摂るしかないのですね。

ところが栄養の偏った食生活のため、現代人はセロトニンそのものが不足しがちなのだそうです。

トリプトファンとビタミンB6がタップリ摂れるサプリメントも出回っていますし、イキイキした毎日のために、セロトニンをしっかり出せる体作りを心掛けたいものですね。

関連エントリー
サイトマップ