ファイトケミカルはこまめに摂ろう

この頃は植物由来の天然成分配合の化粧品が人気ですが、化粧品の成分説明でよく目にする言葉に「ファイトケミカル」があります。

ファイトケミカルとは、自然環境にある植物が、厳しい気候や有害物質に対抗して生き抜くために、自らが作る天然成分のことです。 ファイトケミカルの働きといえば、何といっても抗酸化作用ですね。

老化の最大の原因は「酸化」といわれていますから、抗酸化作用の高いファイトケミカルは、アンチエイジングに欠かせない物質となっています。

なので今やファイトケミカルは、炭水化物、たんぱく質、脂質、ビタミン、ミネラル、食物繊維の六大栄養素に次いで、七番目の栄養素といわれているのですね。

ファイトケミカルの種類は1万ともいわれ、代表的なのがサプリメントや化粧品でもよくお世話になるポリフェノールです。

女性が大好きなダイズイソフラボン、緑茶のカテキン、トマトのリコピン、ニンジンのβカロテン、ショウガのジンゲロールなども全てファイトケミカルで、毎日の食事でもよく摂っているものですね。

気をつけたいのは、抗酸化成分の効果は3時間ほどしか持続しないことで、サプリメントもこまめに摂ることが必要だとか。

しかし摂って30分ほどで効果が発揮されるので、夏には外出前に抗酸化サプリメントを摂ると日焼け防止に効果的ですね。

関連エントリー
サイトマップ