お砂糖でしっとり肌に

全ての肌トラブルの根本原因は、潤い不足にあるといわれます。 私は特に乾燥肌というわけではないのですが、この話を聞いてから、スキンケアは保湿を重点的に考えるようになりました。

保湿力ということで以前から気になっているのが、アトピーや敏感肌の人に絶大な支持を得ている、砂糖でできた保湿剤です。

アトピーの人の肌は乾燥によって肌のバリア機能が損なわれた状態なので、もろにアレルゲンや紫外線の刺激を受けてしまうのですね。

しかし一般の油分を含んだ化粧水やクリームでは、弱った肌に潤いを浸透させ保持させることはなかなか困難です。

その点砂糖は肌に馴染みやすく、素早く角質層に浸透し、高い保水力を与えることができるのだそうです。

この保湿剤に使われているのは、普通の砂糖ではありません。 砂糖の中でも肌馴染みのよい甜菜糖を微細な球状にし、植物性オイルや精油でコーティングしてあります。

この形状なので、肌を傷つけることなく、砂糖の保湿力がしっかり肌に浸透するのですね。

使い方は、メイクや汚れを落とした後、水でペースト状に溶かして優しく肌に馴染ませ、洗い流すだけ。

保湿が肝心のニキビにも効果的だとかで、乾燥しがちな冬には一度試してみたいですね。

関連エントリー
サイトマップ