目のショボショボにもかっさマッサージ

パソコンメガネをつけて、目薬をさして、でも夕方になると目のショボショボは襲ってきます。

手で触ると眉毛あたりの筋肉が硬まっているようで、押すと痛みがあるし、この頃は眉間のシワも深くなってきたような。

このコリはなんとかせねばと、マッサージをしてみたものの焼け石に水で、そこで思い出したのが、かなり以前から話題になっている「かっさ」。

かっさとは中国に古くから伝わる民間療法で、牛の角や玉でできたプレートで肌の毛細血管に圧力を加えることで、血液の毒素を押し出し、気・血・水の流れをよくして健康に導くというものです。

市販されているかっさプレートは、メノウやローズクォーツ、水晶、黒曜石など様々で、これでマッサージすると筋肉のコリがとれ、新陳代謝が活発になってリフトアップ効果バツグンと評判なのですね。

筋肉のコリがとれると、肌が柔らかくなり、弾力が回復してシワやたるみがとれ、小顔効果や毛穴引き締め効果もあるそうです。

それに血液の老廃物がなくなることで、クマやくすみがとれて、肌が明るく透明感が出てきます。

かっさプレート一つで、額から目の下、小鼻の脇、法令線から首筋まで細かくマッサージできるとか。

もちろん私の問題の眉の周辺も、しっかりほぐせそうです。 眉の周囲は筋肉が密集している部分だそうで、目を酷使するとこって当然なのですね。

関連エントリー
サイトマップ